車は税金が発生するもの

買った時だけ発生する費用

何を買った時でも、消費税という税金は発生します。
車も例外ではないので。本体価格だけを見ないで購入してください。
お店によって、税込み価格か税抜き価格で提示されているのか変わります。
税抜き価格で提示されていた場合は、税込みでいくらになるのか調べましょう。
消費税を追加すると、予算を超える可能性があります。

自動車取得税という税金も、車を買った時に発生するものです。
軽自動車を買った場合は、取得価格に3パーセントを掛けた数値が課せられます。
普通自動車の場合は、軽自動車よりも少し高くなります。
取得価格の、5パーセントを掛けた数値になることが多いです。
ハイブリッド車などを購入した際は、もう少し安くなるかもしれません。

1年に1回支払おう

消費税と自動車取得税は、購入した時だけ支払う税金です。
自動車税と、自動車重量税は、毎年支払わなければいけません。
車を購入した際は。維持費を考えなければいけません。
自動車税は、排気量に応じて支払う金額が変わります。
軽自動車は排気量が少ないので、10800円ぐらいを支払います。
排気量が増えるごとに、自動車税の金額も上がります。

自動車重量税も、自動車税と同じように重要が重くなると、金額が高くなります。
軽自動車は、大きさに関わらず購入してから12年が経過するまで、3300円です。
13年目から17年目まで3900円に値上がります。
それからはずっと、4400円が発生します。
普通自動車は大きいので、維持費が高額になると思ってください。


シェアする

B!